本日のイベント

※翌月分のカレンダーは、毎月27日前後に更新いたします。
※各イベントの詳細情報は、「イベントリスト形式」でご覧になれます。

2017年10月19日(木)

教室・講演・講座

10月19日(木)

大人のための絵本講座

と き:10:00~11:30
ところ:荘田平五郎記念子ども図書館
問合せ:臼杵図書館 TEL:0972-62-3405
詳 細:読み聞かせを始めたい、読み聞かせ初心者のための講座。絵本の選び方、読み聞かせの仕方などを学べます。
対 象:読み聞かせを始めようとしている方、絵本の世界に興味のある方

文化・芸術

9月6日(水) 11月27日(月)

臼杵市歴史資料館企画展示「大砲と十字架~宗麟・臼杵・キリシタン文化~」

と き:9:30~17:30(入館は17:00まで)
ところ:臼杵市歴史資料館(臼杵市大字市浜808番1)
問合せ:臼杵市歴史資料館 TEL:0972-62-2882
詳 細:大友宗麟は、中国や東南アジアといった海外との貿易を積極的に行い、フランシスコ・ザビエルを招いてキリスト教の布教を認めました。キリスト教信仰を受け入れた宗麟にとって、布教活動を行うイエズス会の存在は、精神的な救済をもたらす「宗教者」であると同時に、大砲や銃といった武器や弾薬を提供する「軍事支援者」でもありました。天正6年(1578)11月、薩摩島津氏との日向高城合戦に大敗し、重大な権力的危機を迎えると、宗麟は自らの洗礼名を用いたローマ字印の使用を始め、ますますキリスト教に対する信仰を深めていきます。しかしそのことは、大友氏の豊後国支配が終焉し、江戸時代以降の厳しい禁教の時代を迎える中で、キリスト教信仰に生きた人々に、極めて過酷な運命を背負わせることにもなっていったのでした。
本企画展では、臼杵を舞台とした大友宗麟とキリスト教信仰やイエズス会との関わり、下藤地区キリシタン墓地などの遺跡や遺物からみるキリシタン文化の受容と広がり、臼杵藩政資料からみる禁教政策の展開とその実態などについて紹介します。

相談

10月19日(木)

人権相談

と き:10:00~14:30
ところ:臼杵庁舎執行部控室
問合せ:市民課(内線1161・臼杵庁舎)
詳 細:人権問題に関する相談に応じます。

10月19日(木)

農地相談日

と き:9:00~17:00
ところ:臼杵庁舎103会議室
問合せ:農業委員会(内線221・野津庁舎)
詳 細:農地の売買や貸借、宅地などへの転用、農業者年金の加入や変更などの相談に応じます。お気軽にご相談ください。

10月19日(木)

登記相談

と き:10:00~14:30
ところ:臼杵庁舎102会議室
問合せ:市民課(内線1161・臼杵庁舎)
詳 細:土地・建物登記などの相談(要予約)を大分地方法務局職員が応じます。

10月19日(木)

臼杵地域月例行政相談

と き:10:00~14:30
ところ:臼杵庁舎101会議室
問合せ:市民課(内線1161・臼杵庁舎)
詳 細:行政(国や県、市など)の仕事で納得できないことや相談などをお気軽にご相談ください。
総務大臣から委嘱された行政相談委員が対応します。相談無料、秘密厳守。