他のカテゴリも表示する

観光パンフレット

公開日 2019年2月8日

更新日 2019年8月29日

観光パンフレット

臼杵藩の四季めぐり

秋冬めぐり

臼杵藩の秋・冬めぐり2019[PDF:6.15MB]
  ※令和1年9月~令和2年2月のイベント情報

臼杵藩の夏めぐり2019[PDF:3.62MB]
  ※令和1年6月~8月のイベント情報

臼杵藩の春めぐり2019[PDF:8.57MB]
  ※平成31年3月~令和1年5月のイベント情報

絵地図 臼杵みてある記

絵地図 臼杵みてある記(ver2017)[PDF:3.07MB]

臼杵の町八町は城下町だけあって、敵を迷い込ませるために、道が迷路のように張り巡らされています。
敵の攻め込みに有効なこの迷路も、観光となるとやっかいな存在です。
お目当ての場所に迷わず辿り着きたい時は、この「臼杵みてある記」が役立ちます。
お時間に余裕がある方は、「臼杵みてある記」に頼らず、今も残る歴史の迷路に迷い込んでみるのも乙なものです。

うすきで充電中(臼杵市観光パンフレット)

うすきで充電中2019[PDF:12.5MB]

ぶらぶらっと歩いて、心もカラダもしっかり充電できる町「うすき」に、もっと詳しくなれるガイドブック。
うすきの定番観光地はもちろん、最新スポットや旬なグルメ、年間イベント情報も掲載した臼杵観光まるわかりの1冊です。

うすきがいど

旧臼杵藩主 稲葉家下屋敷・旧平井家住宅

旧臼杵藩主 稲葉家下屋敷・旧平井家住宅

旧臼杵藩主 稲葉家下屋敷・旧平井家住宅[PDF:2.36MB]

戦国の時より続く城下町臼杵。
慶長5年(1600)、初代稲葉貞通が美濃(岐阜県)の郡上八幡から移封されて以来、15代久通まで、およそ270年間に渡り、稲葉氏がこの地を統治しました。
稲葉氏の居城であった臼杵城は、16世紀半ば、大友宗麟によって築かれた城を土台としています。丹生島城と呼ばれ、干潮のときに1ヵ所だけ砂州ができて陸地とつながる、全国でも珍しい海城でした。
明治になって周囲が埋め立てられるまで、城は海に浮かんでいたのです…。
稲葉家のこと、大友宗麟のこと、臼杵城(丹生島城)のことが気になったら、パンフレット片手に、ぜひ臼杵へお出かけください。

吉丸一昌記念館 早春賦の館

吉丸一昌記念館 早春賦の館[PDF:948KB]

吉丸一昌記念館「早春賦の館」は、臼杵市が生んだ有名な国文学者、吉丸一昌の生誕120周年を記念して、ユキ夫人の実家(旧板井家)に平成6年4月1日開館されたものです。
館内には当時の楽譜・遺品など、吉丸一昌のゆかりの品が多数展示されています。

うすきらんちまっぷ

ランチマップ表紙

うすきらんちまっぷ2019[PDF:2.2MB]

臼杵でランチをお考えなら、まず「うすきらんちまっぷ」をご覧ください。
きっと、お望みのお店が見つかることと思います。

お問合せ

おもてなし観光課

PDFの閲覧にはAdobe Systems社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。

このページの
先頭へ戻る