うすきの地もの

うすきの地ものとは

臼杵市は、山に降った雨が森を経て、田畑を潤し、海につながる水の循環がひとつの自治体の中で完結する町です。
この特徴を活かして地域内での循環型社会の構築をめざし、「水源涵養の為の100年の森づくり」を進め、市営の土づくりセンターで製造した「うすき夢堆肥」による土づくりからの有機農業を振興し、地元の豊後水道で水揚げされる魚介類の特徴を活かした漁業振興を図っています。
これらの臼杵の風土・自然循環の中で育まれた資源・食材を活用し、使う人・食べる人のことを考え大切に作られた魅力あるこだわりの加工品を臼杵ブランド「うすきの地もの」として認証し、市内外に発信することにより、地産地消の促進と地域産業の活性化、「食」による観光の振興をめざします。

100年後につなぐ商品 うすきの地もの基本理念

  • 自然に向き合い、臼杵産の旬の食材にこだわります。
  • 臼杵の食文化や発酵食品を大切に考えます。
  • 素材の味を活かし、添加物は出来る限り使いません。
  • 農山漁村の感性を大切にしたものづくりをします。
  • 美味しく、臼杵の味としてのイメージを大切にします。

主な認証基準

加工品

  • 原則として、臼杵市で生産された農林水産物を主原料として使用した商品であること
  • 添加物を極力控えたこだわりの商品であること
  • 製造過程の衛生管理や品質管理に信頼性があり、適正な表示がされていること
  • 歴史、風土、文化的背景等があること

工芸品

  • 臼杵の地域資源を活用した商品であること
  • 歴史、風土、文化的背景等があること

うすきの地ものパンフレット

うすきの地もの一覧はこちら

臼杵の先駆者たちのストーリー

関連情報

臼杵市ふるさと納税

お問合せ

産業促進課 臼杵ブランド推進室
このページの
先頭へ戻る