母子健康手帳の交付

公開日 2014年3月26日

母子健康手帳の交付

妊娠おめでとうございます。

健やかな妊娠と出産のために、医療機関で妊娠の診断を受け、医師に母子健康手帳を取りに行くように言われたら、早い時期に妊娠の届出をして母子健康手帳を受け取りましょう。
母子健康手帳は、妊娠の経過から出産、赤ちゃんの健康診査、予防接種、そしてお子さんが小学校に入るまでの健康状態などを記録する大切な手帳です。

母子健康手帳と一緒に、妊婦一般健康診査などの受診票、副読本、各種パンフレット、マタニティマークなどをお渡しします。
また、交付の際には、保健師などが保健指導や育児相談を行っています。
 

妊娠の届出に必要なもの

印鑑、マイナンバーカード(通知カード)

申請場所

  ・子ども子育て課 (臼杵市子ども・子育て総合支援センター「ちあぽーと」内)
  ・市民生活推進課 (野津庁舎 1番窓口)

妊娠届出書

  妊娠届出書[PDF:26KB]

 

妊婦健康診査

臼杵市では、お母さんとおなかの赤ちゃんの健康を守り、安心安全な出産を迎えていただくため、妊婦健康診査の一部費用助成を行っています。
妊娠の届出をされましたら、母子健康手帳と一緒に妊婦健康診査受診票を交付します。

受診票の種類と対象者

臼杵市に住民登録があり、現在妊娠中の方が対象です。

受診票の種類 対象
妊婦一般健康診査受診票(1~14回) すべての妊婦
妊婦健康診査受診票(A・B・C票)
妊婦超音波検査受診票(1回) 出産予定日時点で35歳以上の妊婦

助産所または県外医療機関で妊婦健康診査を受診する場合

助産所または、里帰り出産などのために大分県外の医療機関で妊婦健康診査を受診する場合は、いったん医療機関の窓口で費用を自己負担していただき、後日払い戻しの手続きを行ってください。

妊婦健康診査費助成金交付申請書[PDF:97KB]

転出・転入・母子健康手帳を紛失された場合

転出

市外に転出の場合は、転出先でお手持ちの健康診査受診票の交換が必要となります。転出先の自治体(市町村)へお問合せください。

転入

現在妊娠中の方、1歳未満のお子さんのいる方は、お手持ちの健康診査受診票の交換が必要となります。母子健康手帳はそのまま使用できます。
印鑑とマイナンバーカード(通知カード)を持参してください。

紛失

万が一、母子健康手帳を紛失された場合は、届出場所にて再交付申請を行ってください。
印鑑とマイナンバーカード(通知カード)を持参してください。

 

マタニティマーク

妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。
しかし、外見からは見分けがつかないため、「電車で席に座れない」、「たばこの煙が気になる」など妊婦さんにはさまざまな苦労があります。
マタニティマークは、周囲に妊婦であることを示しやすくし、妊産婦さんにやさしい環境づくりを推進するものです。
臼杵市では、母子健康手帳交付時にお渡ししています。

お問合せ

子ども子育て課
(内線2503・臼杵庁舎)

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。
Adobe Readerは、 Adobe社のサイトからダウンロード(無償)してください。

  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。