他のカテゴリも表示する

臼杵市消防本部よりごあいさつ

公開日 2019年1月31日

更新日 2020年5月12日

臼杵市消防本部よりごあいさつ

臼杵市長  中野 五郎

臼杵市消防本部の外観写真

臼杵市では、「安全性を高め、災害に強いまち」を新時代の5つの基盤づくりとして位置づけ、地震・津波はもとより、台風や局地的な豪雨などによる浸水・土砂災害への防災対策を全市的な視点から見直しています。
このたび、臼杵市防災拠点施設「新消防庁舎」がここに完成し、業務を行っています。
ご協力いただきました、市民の皆さま、本工事にご尽力いただき関係者の皆さまに感謝し、厚くお礼申し上げます。
これまでの洲崎にある消防庁舎は昭和49年に建設されたもので、老朽化も激しく、津波の被害を受けやすい場所にあり、有事の場合に防災拠点として機能を果たせなくなることが予想されることから、防災拠点施設としての「新消防庁舎」の建設を計画しました。
新消防庁舎は国道217号線沿いの市浜山の手の交差点に隣接する場所に建設し、鉄筋コンクリート3階建てで、災害発生時の指揮拠点となる対策本部機能や災害時用備蓄倉庫も備え、さらにドクターヘリの離発着や訓練塔、災害時の避難スペースを兼ねた多目的広場などをあわせて整備しています。
防災拠点施設としての新消防庁舎の完成を契機に防災体制を確立し「市民の皆さんが安心して暮らしていけるよう」万全の体制づくりに取り組んでいきます。
今後も皆さんのご支援、ご協力をお願い致します。

臼杵市消防本部  消防長  平川幸司


臼杵市防災拠点施設としての消防庁舎は、平成25年2月に業務開始の運びとなりました。
消防庁舎は、南海トラフによる地震および大津波にも耐えうる構造であり、1階は、消防車庫及び備蓄倉庫、2階は、事務所及び通信指令室、3階は、大規模災害発生時に災害対策本部機能を持つ研修室、体力増強のためのトレーニング室などがあります。
この他にも、庁舎に併設して訓練塔を設置しあらゆる訓練が実施できる施設を設けています。
海抜21.1メートルの高台に移転し臼杵市の防災拠点としての役割を十分発揮して行きたいと考えています。
また、ドクターヘリの緊急離発着や、災害時の避難スペースを兼ねた多目的広場、統合型位置情報通知装置、再生可能エネルギー太陽光発電設備等を整備しております。
私達消防は、この消防庁舎が持つ優れた機能を十分活用し、「市民皆さまの生命、身体、財産を災害から守る」という崇高な使命を果たすため、職員一丸となり研鑽を重ね市民の負託に応えて行きたいと考えていますので、今後ともより一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

庁舎のご紹介

臼杵市消防本部・臼杵市消防署

臼杵署配置図

臼杵市消防署  野津分署

野津分署配置図

アクセス

臼杵市消防本部・臼杵市消防署

臼杵市消防本部アクセスマップ

臼杵市消防署
〒875-0061 大分県臼杵市大字前田1851番4 TEL:0972-62-2303

臼杵市消防署 野津分署

臼杵市消防本部野津分署アクセスマップ

臼杵市消防署 野津分署
〒875-0233 大分県臼杵市野津町大字宮原4267番1 TEL:0974-32-2411

お問合せ

臼杵市消防本部
TEL:(0972)62-2303
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。

このページの
先頭へ戻る