他のカテゴリも表示する

整備事業

公開日 2019年2月7日

更新日 2019年2月28日

都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金事業)

都市再生整備計画事業は、地域の歴史・文化・自然環境などの特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るための制度です。
社会資本整備総合交付金(旧まちづくり交付金)は、市町村が作成した都市再生整備計画に基づいて実施する事業に対する交付制度であり、従来の補助事業に比べ、市町村の自主性・裁量性が大幅に向上することから、地域の創意工夫を活かした総合的・一体的なまちづくりを進めることが可能となります。
臼杵市では、第1期計画(平成16~20年)および第2期計画(平成21~25年)によって、臼杵城跡と旧城下町の一体的な整備を行っています。

社会資本整備総合交付金の概要(国土交通省ホームページ)

第1期計画【臼杵城跡周辺地区】(平成16~20年)

計画書

第2期計画【臼杵城下町地区】 (平成21~25年)

計画書

事後評価

目的

まちづくり交付金がもたらした成果等を客観的に診断し、成否の要因を分析して、今後のまちづくりを適切な方向に導くとともに、住民の皆さんに分かりやすく説明することを目的に事後評価を行います。

事後評価

事後評価の内容については以下のファイルでご確認ください。

事後評価シート[PDF:304KB]

お問合せ

都市デザイン課

PDFの閲覧にはAdobe Systems社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。

このページの
先頭へ戻る