他のカテゴリも表示する

令和3年度 臼杵市空き店舗等総合支援事業補助金

公開日 2019年2月4日

更新日 2021年3月31日

まちなかの空き店舗を利用して事業を始めてみませんか?

商店街地域の活性化のため、対象地域の空き店舗等の活用に対して支援をします。

臼杵市空き店舗等総合支援事業補助金

補助対象事業 (1)空き店舗等活用事業 (2)空き店舗等整備事業
補助対象者

空き店舗対策区域に位置する空き店舗等を賃借若しくは購入又は空き店舗等の跡地に店舗を建設し出店するもので、次に掲げる要件を全て満たす者
ア 商店街又は臼杵商工会議所又は野津町商工会いずれかの出店推薦書(様式第1号)を提出できること。
イ 個人にあっては、臼杵市内に居住又は事業開始後臼杵市に居住すること。
ウ 法人にあっては、市民を新たに雇用又は従業員が市内に転入すること。
エ 市税の滞納がないこと。
オ 空き店舗等の所有者と同一世帯又は生計を同じにしない者、又は3親等以内の者でないこと。
カ 夜間のみの営業ではなく、客が直接来店し、近隣の賑わい創出に寄与するものであること。
キ 週5日以上営業し、3年以上継続して営業する予定であること。ただし、市長が特に認める場合は、この限りでない。
ク 地域で実施する事業に積極的に協力すること。
ケ 政治的又は宗教的な活動を目的とするものではないこと。
コ 暴力団関係者(臼杵市暴力団排除条例(平成23年 臼杵市条例第2号)第6条第1号に規定する暴力団関係者をいう。)ではないこと。
サ 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)に定める営業を行うものや、公序良俗に反するものではないこと。
シ 前各号に掲げるもののほか、市長が不適当と認める者ではないこと。

空き店舗対策区域に位置する空き舗等の所有者で、次に掲げる要件を全て満たす者
ア 次のいずれかに該当する整備を行う者

  • 現に営業を行っていない店舗の所有者が、出店者にとって魅力ある空き店舗とするため

に老朽化した外壁、屋根等を整備するもの

  • 現に営業を行っていない店舗兼住宅の所有者が、店舗部分を空き 店舗として貸し出すた

めに店舗部分と住宅部分を分離するもの

  • 現に営業を行っている店舗の所有者が、店舗内に新たな店舗を受け入れるために店舗内

を区画するもの
イ 市税の滞納がないこと。
ウ 事業完了後、当該店舗を臼杵市空き店舗バンクに登録すること 。

補助対象経費
  • 出店に係る改修費・備品購入費 【対象経費の1/2以内で上限50万円】
    (当該空き店舗において行う事業に必要な範囲内のものに限る。)
  • 1年間の賃借料 【対象経費の1/2以内で上限30万円】
    (敷金、礼金、補償金、管理費、共益費その他これらに類する費用を除く。)
以下のいずれかに該当する改修費【対象経費の1/2以内で上限50万円】
  • 現に営業を行っていない店舗の老朽化した外壁、屋根等の改修費
  • 現に営業を行っていない店舗兼住宅の店舗部分と住宅部分の分離に必要な改修費
  • 現に営業を行っている店舗において、新たな店舗を受け入れるために店舗内を区画する改修費
対象地域 臼杵地域
  • 町八町(本町、新町、唐人町、畳屋町、横町、浜町、掛町、田町)
  • 商店街地域(中央通り商店街、港町商店街、新町商店街、畳屋町商店街、平清水商店街)
  • 旧商店街地域(旧本丁商店街)
野津地域
  • 旧商店街地域(旧野津町商店街、旧吉四六横丁)
  • 国道10号沿線に面する野津町大字野津市及び大字宮原地域
その他 申請後、事業内容の審査を行い、当該年度の予算の範囲内で決定します。詳しくは募集要項をご確認ください。
【募集要項】臼杵市空き店舗等総合支援事業補助金[PDF:1.35MB]

申請についての事前相談 

事業内容や計画の分かる資料等を用意のうえ、事前相談にお越しください。

お問合せ

産業促進課

PDFの閲覧にはAdobe Systems社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。

このページの
先頭へ戻る