他のカテゴリも表示する

特産品の開発や販路拡大などを支援します!【臼杵市ブランド開発補助金】

公開日 2022年3月25日

更新日 2022年3月23日

特産品のブランド化、地産地消の促進等地域産業の活性化を図ることを目的に、市内の農林水産物などの地域資源を活用した魅力ある新たな特産品の開発、加工、販売や販路拡大などの主体的な取組を支援します。

1.応募資格

市内に住所を有し、農林水産加工などを行う組織または食品加工業者など
※法人、個人事業者またはその他団体などが対象となります。

2.補助要件(1~3のすべてに該当すること)

  1. 臼杵市産の農林水産物などの地域資源を活用した取組であること
  2. 成果が臼杵市の産業振興に寄与するものであること
  3. 開発された商品のラベルもしくはパッケージなどに臼杵市産の地域資源を使用していることがわかるように表記すること

3.補助対象事業

No. 事業区分 事業内容 補助率 補助限度額

研究開発支援事業

臼杵市の農林水産物等の地域資源を活用し、新たな商品開発に繋げるための調査研究や試作品開発等の支援

 

(補助対象経費の例)
原材料費、加工機械等のレンタルまたはリース費、外注費(加工費、分析費、技術指導等のコンサルタント費など)、マーケティング費など

10/10以内 20万円
商品化促進支援事業

臼杵市の農林水産物等の地域資源を活用した新たな商品開発の支援

 

(補助対象経費の例)
原材料費、加工機械等のレンタルまたはリース費、外注費(加工費、分析費、技術指導等のコンサルタント費、WEBサイト制作費、パンフレット等制作費など)、マーケティング費、産業財産権等の取得費など

1/2以内 100万円
販売力強化支援事業

臼杵市の農林水産物等の地域資源を活用した商品の販路を新たに県内外に拡大する取組みを支援
※既存商品(臼杵ブランド認証を受けた商品または認証を目指すもの)の改良も含む

 

(補助対象経費の例)
原材料費、外注費(加工費、分析費、技術指導等のコンサルタント費、WEBサイト制作費、パンフレット等制作費など)、マーケティング費、産業財産権等の取得費、展示会参加に係る各種費用、サンプル作成費など

1/2以内
(2/3以内※1)
 
100万円
施設整備支援事業
 

臼杵市の農林水産物等の地域資源を活用した加工・販売施設の整備、機械器具等の導入の支援

 

(補助対象経費の例)
建物工事に必要な諸経費、加工品の製造や保管に必要な機械器具など

1/2以内 100万円

備考

※1.    【3. 販売力強化支援事業】の補助率は、臼杵ブランド認証を受けた商品または認証を目指す商品の場合に限り、≪3分の2≫となります。
※2.    【2. 商品化促進支援事業】と【3. 販売力強化支援事業】はを併せて申請することができます。その場合、補助金の限度額は100万円となります。
※3.    同一年度内において、【1. 研究開発支援事業】とそれ以外(No.2~4)の事業は併せて実施することができません。

4.補助金の活用事例

これまでの補助金活用事例はコチラから

5.申請に関する事項

提出書類

(1)補助金交付申請書[DOC:29.5KB]

(2)収支予算書[DOC:84KB]

(3)事業計画書[DOCX:25.5KB]

(4) 税の滞納がないことを証明するもの(市税の完納証明書)

提出方法

直接持参または郵送
【提出先】
〒875-8501 臼杵市大字臼杵72-1 臼杵市役所 産業観光課

6.募集期間など

事前相談〆切

2022年5月20日(金)
※申請には必ず事前相談が必要となります。相談の日時を事前にお知らせください。

募集期間

2022年4月1日(金)~5月31日(火)

7.関係書類

臼杵市ブランド開発支援事業補助金交付要綱[PDF:328KB]

R04年度臼杵市ブランド開発支援事業補助金募集要領[PDF:466KB]

8.注意事項など

  • 応募にあたっては、必ず補助金交付要綱、募集要領等をご覧ください。
  • 過去に当補助金の交付を受けた方も再度対象となる場合がありますので、お気軽にお問い合わせください。
     

お問合せ

産業観光課

PDFの閲覧にはAdobe Systems社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。

このページの
先頭へ戻る