他のカテゴリも表示する

サツマイモ基腐(もとぐされ)病のまん延防止について

公開日 2021年3月1日

更新日 2021年6月23日

 サツマイモ基腐病は、感染すると地際部から茎が枯れ、いもが腐敗する症状を引き起こす病害であり、平成30年度に宮崎県、鹿児島県および沖縄県において初めて発生が確認されました。今年度は福岡県、長崎県および熊本県において発生が確認されるなど、九州各県での発生が拡大しています。(※現在、大分県での発生は確認されていません。)
 この発生原因の一つとして、県外から持ち込まれる種いもや苗が本病に感染していた可能性が考えられます。国内でのサツマイモ基腐病のまん延を防止するため、下記事項をご参照のうえ、本病まん延防止対策の徹底についてご協力いただきますようお願いします。

1.本病の地域内への侵入を阻止するため、下記の対策についてご協力をお願いします

  1. 未発生圃場で生産されたことの確認等により、健全種苗を確保する。
  2. 植付け前の種苗消毒を行う。
  3. 栽培期間中は、ほ場観察を通じて本病の早期発見に努める。

2.疑わしい症状を発見した場合は、下記の「問合せ先」までご連絡ください

【参考】

 サツマイモ基腐病の発生生態や防除対策に関する技術情報の詳細については、以下の農研機構Webサイトに公表されているマニュアルを参照ください。

【問合せ先】

  • 大分県 中部振興局 生産流通部 野菜班 電話:097-506-5764
  • JAおおいた南部事業部 農業振興部 園芸課 電話:0974-32-2535
  • 臼杵市役所 農林振興課 農業振興グループ 電話:0972-63-1111(内線221・野津庁舎)

お問合せ

農林振興課(野津庁舎)
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。

このページの
先頭へ戻る