他のカテゴリも表示する

新型コロナウイルスによる肺炎について

公開日 2020年2月28日

更新日 2020年2月28日

新型コロナウイルスに関連した肺炎について

中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、複数の肺炎の発生が報告され、新型コロナウイルスがこの肺炎の原因とされています。
現在、厚生労働省が必要な情報の収集・公表を行っています。情報は随時更新されますので、最新情報など詳細は下記の関連リンクをご覧ください。
また、新型コロナウイルス感染症Q&A(臼杵市保険健康課作成:R2.2.25)[PDF:362KB]もご参照ください。

コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。
人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などのように重度でない症状にとどまります。

新型コロナウイルス感染症とは

発熱や喉の痛み、咳が長引くこと(1週間前後)、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。
新型コロナウイルスによる肺炎は、8割の患者は軽症であり、子どもの感染例は比較的少ない状況です。
特に、ご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

<飛沫感染>
 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
<接触感染>
 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

市民の皆様へ

〇 感染予防対策について
  ・「こまめな手洗い」「人込みでのマスク着用」の効果が期待できます。
  ・手指消毒薬を活用しましょう。
  ・咳や鼻水、喉の痛みなどの呼吸器症状がある場合はマスクを着用しましょう。
  ・マスクがないときは、ひじの内側で咳やくしゃみをブロックしましょう。
  ・持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人込みを避けるなどより一層ご注意ください。

〇 発熱等の症状がある場合の受診について
 
1 発熱や風邪症状があるとき
  ・発熱したときは、体温計で熱を測りましよう。
  ・まずは、かかりつけ医に電話して風邪の症状等を伝えてください。
  ・できる限り、マスクを着用して、受診してください。
  ・風邪症状が見られるときは、無理をせず学校や会社を休み、外出を控えましょう。

 2 治療しているにも関わらず、下記に当てはまる方は、中部保健所にご相談ください。
  新型コロナウイルス感染の疑いがあれば、診療体制の整った医療機関「帰国者・接触者外来」への受診をご案内します。

  ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている
  ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

  ※流行地(湖北省や浙江省)に渡航歴がある場合や渡航歴のある人との濃厚接触があり、発熱と呼吸器症状がある場合も保健所にご相談ください。
   (濃厚接触者とは同居や長時間の接触(車内、航空機内等を含む)であり、すれ違った程度は含みません。)

〇 感染拡大対策について
 
1 各事業所における感染拡大対策
  ・風邪の症状や発熱など感染が疑われる方は出勤しないようにしましょう。
  ・職場における手洗いや手指消毒の励行及びマスク着用を徹底しましょう。
  ・通勤時の感染リスクを減らすため、テレワークや時差出勤の検討をお願いします。

 2 地域や企業主催の行事について
  地域や企業において、イベント等を主催する際は、感染の拡がりや会場の状況等から開催の必要性を改めて検討していただくようお願いいたします。
  また、集会やイベントの開催に当たっては、感染拡大を防ぐために以下の点にご注意ください。
 ・参加対象者に、発熱や呼吸器症状等がある場合には、参加を見合わせるように事前に周知を行う。
 ・集会やイベント会場の入り口に、「発熱や呼吸器症状等がある場合には、入場を遠慮いただくこと」や手洗いと「咳エチケット」の励行を促すポスターを掲示するとともに、アルコール消毒液を設置する等、可能な範囲での対応を行う。
 ・自らを感染から守るためにマスクを着用することは、屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられるが、屋外等では、相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる効果はあまり認められていない。参加者にマスクを提供したり、マスクの着用を促す場合には、正しいマスクの着用方法もあわせて周知を行う(厚労省Q&Aより)。

相談窓口

大分県中部保健所                 0972-62-9171
大分県庁「新型コロナウイルスに関する相談窓口」  097-506-2775

関連リンク
・大分県ホームページ
・厚生労働省ホームページ
・国立感染症研究所ホームページ

お問合せ

保険健康課
子ども子育て課(ちあぽーと)

PDFの閲覧にはAdobe Systems社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。

このページの
先頭へ戻る