他のカテゴリも表示する

地域おこし協力隊員(移住・定住担当)を募集します!

公開日 2019年5月9日

更新日 2019年5月9日

 臼杵市は、大分県の東南部に位置し、大分市に隣接する人口約4万人のまちで、豊後水道に面し、漁業や醸造業(味噌・醤油)、造船業を主産業とする臼杵地域と大分の食糧庫と呼ばれ農業の盛んな野津地域から成り、海の幸、山の幸に恵まれた自然豊かな地域です。また、国宝の臼杵石仏や二王座歴史の道を代表とする城下町の町並みが残っている「歴史と文化の町」でもあります。
 臼杵市では、平成26年度から「地域おこし協力隊」の採用を始め、現在は地域づくりに関する一般隊員4名、有機農業を推進する有機農業隊員5名の計9名が活動しています。
この度、令和元年度採用として移住・定住担当について、住みたい田舎ベストランキング上位ランクインによって増えている臼杵への移住希望者のコーディネートなどに携わっていただく方を募集します。

募集概要

応募期間

随時募集 

※詳細は要項、応募用紙等をダウンロードしてご覧ください。

移住・定住担当

募集人員:1名

業務内容

「住み心地一番のまち」を目指す大分県臼杵市において、増えている移住希望者への相談対応から定住までのサポート、空き家バンク登録物件の充実等に関する受け入れ環境整備について、意欲をもって、きめ細やかに対応できる方を求めます。
【参考】田舎暮らしの本「2019年版住みたい田舎ベストランキング」(小さなまち)若者部門、シニア部門第1位、自然の恵み部門第2位、総合第3位、子育て世代第4位

業務

(1)SNS、ホームページ等を活用した移住・定住支援のPR
(2)移住希望者への現地案内等のアテンド及びアフターフォロー
(3)空き家バンク登録物件を増やすための空き家発掘・登録
(4)移住者の定住に向けたサポート
(5)その他移住・定住の促進に関する企画立案

募集対象

(1)3大都市圏(注)と政令指定都市又は地方都市(全部または一部が過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない市町村)の区域に在住の満20歳以上(令和元年5月1日現在)の方で、臼杵市地域おこし協力隊員として、採用後、臼杵市に住民票を異動させることが可能な者(任用を受ける前に既に臼杵市に定住・定着している者(既に住民票の異動が行われている者等)については、原則として含まない。)
(注)3大都市圏:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県
(2)心身ともに健康で、地域活動に意欲と情熱を持って参加し、地域住民とコミュニケーションを図れる者
(3)臼杵市での定住にむけ、任期終了後の起業や就職等のビジョンを持って活動できる者
(4)地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格条項に該当しない者
(5)普通自動車免許を持っている者
(6)パソコン(ワード、エクセル、インターネットなど)の一般的な操作ができ、日常的に利用している者
(7)他地域にむけて電子媒体等で情報発信を行える者

勤務時間等

 原則週30時間(活動時間が30時間を超えた場合は翌週以降に調整)

雇用形態

臼杵市一般職非常勤職員

雇用期間

令和元年6月~令和2年3月31日

(最長令和4年3月末まで延長) ※雇用開始日は相談に応じますが、早期の開始を期待しています。

報酬

月額166,000円(賞与なし)

待遇・勤務条件等

  • 社会保険等(雇用保険、厚生年金、健康保険)に加入します。
  • 住居は、市が所有又は借り上げた物件を貸与します。
  • 業務で使用するパソコン(市役所内用)・携帯電話は市が貸与します。
  • 業務で使用する車両は、公用車及び自家用車を使用していただきます。自家用車の燃料費は市が負担します。
  • その他業務に必要なものについては、予算の範囲内で市が用意します。
  • 有給休暇あり(10日)

要項および提出書類

問合せ先・申込み先

〒875-8501
臼杵市役所 秘書・総合政策課 協働まちづくりグループ
TEL:0972-63-1111(内線2303) /FAX:0972-63-7713
E メール:r-yamashita@city.usuki.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。

このページの
先頭へ戻る