他のカテゴリも表示する

森林の立木を伐採するときは届け出が必要です

公開日 2018年3月15日

更新日 2020年5月19日

伐採及び伐採後の造林の届出書

自分が所有する森林であっても地域森林計画の対象となっている立木を伐採するときは、
伐採前に「伐採及び伐採後の造林の届出書」を提出する必要があります。

届出対象者 森林の所有者、伐採業者など
*提出者が所有者と異なる場合は、連名での提出をお願いします。
届出時期 伐採を開始する90日から30日前まで
提出書類
  • 伐採及び伐採後の造林の届出書
  • 位置図、伐採区域を示す図面(5千分の1程度)
  • 伐採及び伐採後の造林の届出等の提出に際しての注意事項書
  • その他必要書類

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書

伐採後の造林(林地転用)が完了したときは、「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」を提出する必要があります。

届出対象者 森林の所有者、伐採業者など
*提出者が所有者と異なる場合は、連名での提出をお願いします。
届出時期 造林を完了した日から30日以内
林地転用した場合は、伐採を完了した日から30日以内
提出書類 伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書

*林地転用・・・林地を宅地や工場用地など森林以外の用途に造成して使用すること

大分県知事の許可等が必要な場合

保安林の伐採

保安林内の立木を伐採する場合、大分県中部振興局長に「保安林内立木伐採許可」が必要となります。

1ヘクタールを超える森林の開発

地域森林計画の対象森林での開発行為(森林の伐採だけでなく土石や樹根の採掘、開墾、その他土地の形質を変更する行為)で、面積が1ヘクタールを超える場合には、林地開発行為に該当しますので、事前に県知事の許可が必要になります。
※詳しくは大分県中部振興局農山漁村振興部森林管理班(電話097-506-5749)へお問い合わせください。

市内全域における大規模な建築行為等について

行為に係る土地の面積が都市計画区域内で3,000m2、都市計画区域外で5,000m2以上の開発行為等を行う場合には、景観法の規定により、臼杵市景観条例で定める規模以上の行為を行う際、工事着手の30日前までに事前協議および届出をする必要があります。
※詳しくは臼杵市役所都市デザイン課(電話0972-63-1111)へお問い合わせください。

ダウンロード

お問合せ

農林振興課(野津庁舎)

PDFの閲覧にはAdobe Systems社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。

このページの
先頭へ戻る