資料館企画展示「殿、出発でござる!~藩主のあれこれ旅姿~」

公開日 2017年8月24日

殿、出発でござる!~藩主のあれこれ旅姿~
(平成29年6月7日~平成29年8月28日まで)

 今回の企画展示では、臼杵と江戸を結ぶ航路や街道を描いた絵図や藩士の道中日記など、稲葉氏の参勤交代に関わる資料を中心に、旅する藩主やそれに関わる人々の姿を紹介します。

 

 江戸時代に入り、街道や宿駅などの交通環境が整備されると、人々は各地を移動する様々な「旅」の機会をもつようになりました。各大名は「参勤交代」が制度化されたことで、江戸と国元(領地)とを定期的に往復することになりますが、それは幕府から義務付けられた公的な旅でもありました。臼杵藩主稲葉氏も陸路と海路を使い、大勢の家来を引き連れながら、片道1カ月ほどかけて江戸へ向かっています。
 また稲葉氏は領内視察を目的に、たびたび臼杵藩領内を数日かけて巡視し、藩主として取り組むべき仕事に関わる公的な旅を行っていました。こうした旅以外にも稲葉氏は、病気治療や療養を目的とした湯治や、寺社参詣といった私的な旅にも出かけており、全国の大名にとって江戸時代は、まさに「旅する時代」だったのでした。

 日本橋
   「日本橋より江尻までの図」、25.6㎝×447㎝、臼杵市所蔵

 

【お問い合わせ】 臼杵市歴史資料館 TEL:0972-62-2882

お問合せ

文化・文化財課
電話:(0972)86-2725
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。