津久見島

公開日 2014年1月1日

 
地域
上浦・深江地域
名称
津久見島(つくみしま)
所在
津久見島
備考
昭和52年2月調べ
説明
臼杵湾のほぼ中央に浮かぶ津久見島は、周囲約2.3km、標高166mの急峻な小島で、遠望するとおむすびを思わせるような形をしています。周囲は殆ど絶壁に囲まれていますが、臼杵側に小さいけれどきれいな浜があります。
臼杵小鑑には「古名を竹島といい、寛永元年稲葉一通公(三大藩主)島の頂に竹生島の神を勧請し、津久見島を改めて竹生島とす」と記されています。 
島全体がかつ葉樹の天然林で覆われ、樹木はよく繁茂し、植物の種類も面積の割に多く、約380種にのぼり、アコウ、ハマユウ、ハマウツボなど熱帯性、亜熱帯性、暖地性の珍しい植物が多く見られます。またこの島には、南方系のチョウで帰化種と考えられているミカドアゲハ(昭和二十八年四月に県の天然記念物に指定されています)が生息しており、このほか珍しい貝類も発見されています。
昭和四十九年二月には日豊海岸国定公園に指定されています。
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。