婚姻

公開日 2014年1月1日

婚姻届

届け出が受理された日が婚姻の成立日になります。

【届出先】
夫または妻の本籍地、または住所地の役所
【届出人】
夫と妻
【手続き】
婚姻届
※婚姻届の書き方は婚姻届記載例をご覧ください
【必要なもの】
  • 婚姻届
  • 夫婦の印鑑(旧姓のもの)
  • 夫または妻の本籍地が臼杵市でない場合は、その方の戸籍謄本(1通)、どちらの本籍も臼杵市でない場合は、夫婦両方の戸籍謄本(各1通)が必要です。

婚姻届の主な注意点

  • 婚姻届には、証人として成人2人の署名・押印が必要です。
  • 未成年の方は、父母の同意が必要です。

※(参考)未成年の婚姻に関する同意書様式

よくある質問

Q.婚姻後の夫婦の氏はどちらかに決めないといけないのでしょうか?
現在の法律では、夫婦は夫もしくは妻のどちらかの氏を名乗り、戸籍を編製することになっていますので、必ずどちらかに決めてください。
Q.結婚したらどちらの親の戸籍に入りますか?
戸籍は夫婦単位で編製されます。婚姻した時点でそれぞれの戸籍から除かれ、ご夫婦で新しい戸籍を編製することになります。
Q.婚姻届を提出すれば住所も変更されるのでしょうか?
戸籍届出では住所変更できませんので、別に住所変更手続きを行ってください。

お問合せ

市民課
(内線1195・臼杵庁舎)
  • 臼杵市役所臼杵庁舎TEL:0972-63-1111(代表)
  • 臼杵市役所野津庁舎TEL:0974-32-2220(代表)

※直通のダイヤルインや通話料金、電話交換システムに関することは、お問合せページをご覧ください。